廃車にした時に戻ってくるお金って?

自動車は税金など様々なお金の支払いを義務付けられていますが、そのうち先払いになっているものは戻ってきます。例えば税金だと自動車税、自動車重量税、自動車取得税などがありますが、この内自動車税、自動車重量税は先払いなので戻ってきます。また自賠責保険、任意保険も先払いなので、解約すると戻ってきます。具体的には自動車税は車検の有効期限には関係なく、毎年4月1日に課税されます。廃車した場合、月割りで返金されます。1ヶ月以下の期間は切り捨てられます。つまり3月以外に廃車した場合は返金があることになります。自動車重量税は車検の時に払っています。廃車したときに車検の有効期限が残っているとその分月割りで返金されます。ただし解体して永久抹消にした場合に限られます。一時抹消では返金されません。自賠責保険は車検のときに入っています。廃車したときに期間が残っていると、保険会社に行って解約することで返金があります。ただし月割りではありません。今までに経過した月数の保険料金との差額の返金になります。月割りよりもかなり少なくなります。任意保険も同様に返金できます。やはり保険会社で手続きしてください。保険は廃車しただけでなく自分で返金の手続きをしないといけないので、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。