事故車と廃車

自損や対物事故事故により、自分の車を廃車にしなければならなくなってしまった時に、どういった手続きをすればよいのか、また廃車にせず車を有効活用する方法をご説明します。
本05
まず、事故車の廃車にはお金がかかります。だいたい1~2万円が相場と言われています。これには、車の「解体費用」や登録抹消手続きに必要な「抹消登録費用」が含まれています。また、2005年から施行された「自動車リサイクル法」のリサイクル料金を支払っていない場合も、リサイクル料金が別にかかってきます。

普通の中古車販売店に車を持ち込むのもありですが、事故を起こして廃車にするような車は値段がつかず、そのまま廃車にされるケースが大半です。上で説明したように、廃車にはお金がかかります。廃車にするのにお金を払うのは不本意ですし、廃車の手続きも決して楽ではありません。このような場合は、一度廃車を専門に取り扱っている販売店に持ち込んで査定してもらうとよいでしょう。海外に輸出され、そのまま活用されたり、部品取りとして使ったり、部分部分を鉄として再利用したりと様々な活用法があります。中には思わぬ高額で買い取ってくれる業者もあります。もう乗らないからとすぐに廃車にせず、一度専門店へ持ち込んでみるのがよいでしょう。

コメントは受け付けていません。