水没車の扱い

現在の車は全てが電子制御になっているため、極端に言えば電子制御が制御不能となれば満足に走ることができない状態となります。電子制御が効かなくなる条件としては、全てが水に浸かってしまった場合などがあります。いわゆる水没と言うことを指しますが、水没してしまった車は高い確率で廃車への道を辿ります。電気系統は水をかぶると使い物にならなくなりますし、エンジン内部に水が侵入した場合には、取り除かない限りウォーターハンマー現象によりエンジンが破壊されてしまいます。運よくエンジンを掛けずに水没が分かればエンジンを壊さずに済みますが、エンジンまで水に浸かった車は修理費用が高額となるため一般的には廃車の扱いとなってしまうのです。そのままでは買い取りも下取りもできませんので、通常では廃車にするしか方法はないと言えます。廃車ですから処分することになりますが、そのまま処分してしまうのは良い方法とはいえませんので、廃車専門の買取店に査定を依頼することが大切です。廃車専門の買取店では事故で大破した車でも買い取りが可能ですし、水没車でも買い取りができるメリットがあります。水没により故障したからといってすぐに廃車にせず、専門の買取店に査定を依頼をすることが大切なのです。
道路02

コメントは受け付けていません。