登録抹消で気をつける事って?

登録抹消に一旦抹消してももう一度車検を受けることで再登録できる一時抹消と自動車自身を解体してしまった後に届ける永久抹消があります。まずはどちらにするかが重要です。永久抹消は解体した後出ないと出来ないのですが、そこで取り合えず一時抹消にしておくと言う選択もあります。しかしその為に永久抹消しないと還付されない自動車重量税を受け取れないと言うこともあります。また一時抹消した場合には一時抹消登録証明書という車検証と同じ書式の書類が出ますが、この書類をなくすと再交付できませんのでなくさないように注意が必要です。永久抹消した場合には書類は出ません。もう一度登録する車体がなくなっているのですから必要ないということですが、何もないので、場合によっては不便なことがあります。その場合は登録事項証明の現在証明と言う書類が出せますので、陸運支局で貰っておくといいでしょう。永久抹消した後に申請するといいでしょう。有料で300円かかります。これがあればこの車で車庫を届けていた場所を再利用するときなどに使えます。一時抹消のときは抹消登録証明書のコピーで問題ないでしょう。任意保険の中断や自賠責保険の解約もコピーで問題ありません。}PgžxQ

コメントは受け付けていません。